2007.11.23 Fri ~ 25 Sun
Kirk Whalum Live in Gospel with John Stoddart


11月23(金)から25(日)の3夜にかけて4ステージが繰り広げられた
「カーク・ウェイラム ライブ・イン・ゴスペル with ジョン・ストッダート」。
チケットはSOLD OUT。九州から北海道まで、全国から熱烈なFANが集まった。

(写真は4ステージを織り交ぜてお贈りします)




キックバックカフェのオーナーであり、ゴスペルユニット「天国民」のリーダーであるMarre &Kumiko
がコーラスのサポートをして、「Falling in love with Jesus』を熱唱。もちろんカークも歌声を披露。

 



ジョン・ストッダートはピアノだけでなくソロシンガーとしても歌声を披露。

 


お互いが妻に対する愛を証明しようと、最高の妻へのラブソングを披露。
カークが演奏したのは、結婚前の彼女に対する募る想いを曲にした「Desperately」(Round trip にも収録)
ジョンは結婚式当日に初めて披露して花嫁を驚かせたという「Angel」



カークの見せ場の一つ、客席を吹きながら歩く。


なんとキッチンにまで入って吹いてくれたので、スタッフもおもわずスウィング。

 

最愛の妻・ルビーもステージに上げて皆様にご紹介。
彼が両手を高く広げて拍手を受けるとき、実は「この拍手をあなたに捧げます」と神に向かって祈っているのだ。