タイトル

コンテンツ
Catch up!キックバックな人
Thanks 5th Anniversary
おうちでキックバックカフェごはん

マレさんの恋愛カウンセリング

Comic【甦れっ!大和魂〜!】

インタビュータイトル

KBCオーナー・マレとは同級生

インタビューのために杉田かおるさんが入ってきた途端、キックバックカフェ(以下KBC)店内には優しく、懐かしいような空気が流れました。

それもそのはず、KBCオーナー・マレと杉田さんとは、小学校・中学校時代の同級生で、お互いを「マレ」「杉田」と呼び合う間柄なのです。しかも、ドイツでピアニストとして活躍中のマレの実姉、チエ・イシイとは大の親友。そのせいか、インタビュー中もとってもリラックスムードです。

「目立つ仕事をやる分、スポットライトを浴びる部分、浴びない部分のバランスを取ってるんですね。だからオーラを出すとき出さないときのオンオフがすごくできるかもしれない。街でもほとんど気づかれないでいられることもあるんですよ」
 
誰もが知っている芸能人なのに、まるで友達の家に行くかのようにひとりで電車に乗ってKBCに来店されたこともあります。

オーガニックは一生のテーマ

杉田さんの今のテーマは「食」と「オーガニック」。そのきっかけは今年、わずか2ヶ月ほどで体重10キロ減という、オーガニックダイエットに成功したことでした。

「リバウンドしないためにも食のことを勉強していたら、今の食糧事情がとても深刻だということに気づいたんですね。それで、今までは外の環境を勉強していたんですけど、今度は自分の口に入るもの、食から見た環境を自分でも勉強していこうと。食の問題は、これから一番考えていかなければならないし、切り口としては消費者の人に一番分かりやすいものですよね」

先日は「トマト大使」として北海道に出張し、政治的なことや農業の方向性などについて生産者や消費者と話し合ってくるなど、その活動も精力的です。今後も食と健康についてのメッセージを発信し続けたいと語るまなざしは真剣そのもの。日本の食糧事情の問題を分かりやすく解説してくださいました。

「私たちの世代は、まさに高度成長の真っ只中に成長期を迎えました。中学生の頃にはジャンクフードの店が次々にオープン、それを毎日違う店で食べて新しいものを追いかけて消費していく世代だったので、私自身の血管年齢も普通より高いんですよね」

食生活で体に弊害が出たからこそ、杉田さんはオーガニックを勧めるのです。

「子供たちが20年後、30年後に安心して食べられる世界のために、遠い道のりかもしれないけれど大事なことだと思います。これから一生のテーマかなって」


杉田かおる

■■■ 杉田かおる ■■■

>>> Official Web site
http://www.sugitakaoru.net/

>>> Official Blog
http://www.sugitakaoru.net/blog/

 


 

KBCは同級生の集合場所

杉田さんのKBC初来店は昨秋。マレを含めた同級生たちとのランチでした。それ以来、杉田さんが来店されるときは大抵、KBCが同級生の集合場所になっています。3月にはKBCを貸切にして同窓会も開かれました。杉田さんに初来店のときの印象をうかがうと…

「体にやさしいというか、食べた後に心地よいというか。食べ物って、自然な良いものを食べると、自然と笑いが出たり、気持ちがすごく明るくなるんですよね。同級生が集まったのもあるんですけど、子供の頃の楽しいことを思い出しながら、体がすごく楽になって、明るい気持ちになったんです」。

 また同級生・マレの店を「マレらしい優しさを感じる店」と評します。子供の頃、芸能人だからとからかわれる杉田さんをかばってくれたり心配してくれたマレの優しさが現れていると。

「入り口からして、どんな人でも受け入れてくれる、どんな状況の人でもとりあえず入ってよ、という感じですね。(マレの)もともとの原点と言うか、やっぱり音楽が好きで、やさしい思いやりのある人でしたし、夢を語っている人でしたので、夢を実現している形なんだなと思います」。

 懐かしそうに、そして嬉しそうに語るその姿こそ、テレビで見るのとは違う、自然なまま、オーガニックな杉田かおるさんなのでした。

 ナチュラルフードレストランを掲げるKBCで、11月23日にはオーガニックトークイベント『杉田かおる ナチュラル・オーガニック』の開催も決定。(イベントは終了しました)

これからも、オーガニックスタイルの杉田さんの活躍を期待しています!


コンテンツ
Catch up!キックバックな人
Thanks 5th Anniversary
おうちでキックバックカフェごはん

マレさんの恋愛カウンセリング

Comic【甦れっ!大和魂〜!】

…… Home ……