タイトル画像
タイトル画像

コンテンツ
Catch up!キックバックな人
Health Style
天国民 in HOLLYWOOD / 3周年お祝いコメント

マレさんの恋愛カウンセリング・心の交差店

Comic【キックバックはおもしろカフェなのだ】

キャッチアップ キッックバックな人
藤井かほり さん
クールビューティーな女優の
自分に戻れるキックバックスタイル

 

きっかけは一冊の本

「こごえてる時に、ホッとあたたかいお風呂に入る感じですね」
 
モデル、そして女優として映画や舞台、CMで活躍する藤井かほりさんは、キックバックカフェ(以下KBC)に来る自分をこう表現します。仙川からほど近い某所にお住まいのかほりさん。KBCの常連です。

「ほら、あんまり寒くて、自分がこごえてるっていう感じすら麻痺するくらいのときって、ありますよね? そういうときにハァ〜って入るお風呂」
 
彼女にとってこの店は、お風呂にいかなくても暖まれる場所なんですね。

 
かほりさんとKBCの出会いは2001年の春。KBCがつつじヶ丘で営業していた頃のことです。きっかけはKBCオーナー・石井希尚(マレ)の本『この人と結婚していいの?』(新潮文庫)でした。

「本屋に別の本を探しに行った時、書棚に背表紙だけ見えていたその本のタイトルに惹かれて思わず手に取ったんです。そうしたら、その時の自分にピッタリの内容が書かれていて…まさにあの1冊が私を呼んだという感じですね…」
 
後日、当時悩んでいた恋人との関係について相談するためにやってきたのが、KBC初体験だったのです。


「カウンセリングを受けたあと『豆乳ラーメン』をすすりながら思い出したのは、マレさんの一言でした。『この店には放送作家をしている人も来るし、いろんな出会いもあるから、気分転換にまた遊びに来てくださいね』と言ってくださって…」
 
以来、彼女はKBCに足を運ぶようになったのです。
 
そして、KBCでの人との出会いや、交流を通して、仕事への取り組みに対する変化も与えられたそうです。

「役作りって、人間を理解するために掘り下げていく作業ですよね。そういう中で近視眼になったり、ストイックになったり、ピリピリしていたんですけど、そういうのから開放されたんです。ほら、広い視点を持てるようになったっていうか…焦らなくなりましたね」

『キックバック』とは「リラックスしよう」という意味。「自分と周りの人たちとを比べて、焦って、苦しんで。もう、悪あがきでしたね…」と語るかほりさんですが、その頃にKBCに出会い、余計な力が抜けてリラックスすることができたんですね。

一度は辞めようかと思った女優の仕事も、自分に与えられている役割なんだと再認識。
そして、仕事に対するスタンスも、いい意味でライトタッチに変わりました。

「自分が『演じ手でなければいけない』という執着はないんです。その上で、結果として与えられた女優という仕事に感謝していますし、与えられたその役を一生懸命演じていこうと思っています」

 

彼女の変化は、依頼される仕事にも影響を与えました。

「まわりからの評価が変わったんです!」
 
NHK BSハイビジョンで今年10月17日に放送されたドラマ『わたしが子どもだったころ(「姜尚中」篇)』。 監督の岸善幸さんは、『リンダ・リンダ・リンダ』(山下淳弘監督・2005年)など、かほりさんの出演作を観て、強さの中に包み込むような母性愛を持った母親役での出演をオファーしてきたそうです。
 
さらに、2007年に出演した舞台『哀しい予感』(吉本ばなな原作・塚本晋也演出)でも、滅多に誉めることがない昔からの知人が 「まさに『癒し』の存在だったね」と誉め言葉をくれたというエピソードも。それはとても驚きのことだったそうです。
 
かほりさんは今、もしかしたら自分の中にあるかもしれない、今は見えてないない可能性を信じられるようになったとも言います。

「人生が180度変わった感じですよ」

KBCがその原動力になっているとしたら、うれしい限りです。


生活の一部であり、
表現者として目指すスタイルに触れる場所


女優の生活は想像以上にハード。撮影が続けば時間も不規則になるし、揚げ物中心のロケ弁当続きで食生活も乱れがちになります。時間が制約されるので、自分で料理することもままなりません。

「でも、あそこに行けば体にやさしいヴィーガンの食事がある、って思えるんです。自分で作らなくていいですし(笑)」
 
仕事帰りの遅い時間にKBCに立ち寄ることも多いかほりさん。まさに、彼女にとってKBCは生活の一部になっているんですね。
 
「マレさんの『男と女の心理学講座』とか『日本人のルーツセミナー』とかもやってますよね? わたしにとって、欲しい!と思える貴重な情報が得られる場所でもあるんです。しかも、そういう場所が自分の住んでるすぐ近くにあるっていうのが嬉しいじゃないですか…」
 
 
次々と登場しているヘルシーメニューにも思うところがあるとか。

「ただ『ヘルシー』な店は多いけど、KBCみたいに、女性のPMSのこととか考えてメニューを作る発想って、人に関心がないとできないことですよね? 人が人らしくあるために、とでもいうか。そういう想いですよね」
 
そしてこうも言います。
「人々のニーズが最大の関心事で、そのために気配りがあったり笑顔があったり…今、わたしが女優として目指すスタイルは、この店からたくさんの影響を受けたんですよ」
 
 
仕事が続いて長い間KBCに来れないと 「あぁ、心がすさんでるな…」と思うとか。確かに、撮影が終わって久しぶりに顔を出してくれる時は、嬉しくて仕方ないような感じです。

これからも活躍を期待しています!



藤井かほり写真2

 

 

■■■ 藤井かほり ■■■

9月23日生まれ。愛知県出身。
多摩美術大学在籍中の1986年、雑誌『ef』に読者モデルで登場したのをきっかけにスカウトされデビュー。数々のCMに出演する中で多くの映画監督や演出家の目にとまり、映画・テレビ・舞台と活動を広げる。2001年には、吉本ばなな原作の舞台『哀しい予感』(塚本晋也演出)に出演。現在、ロッテルダム国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞した『14歳』が公開中。

>>> Official Web site
http://www.kaori-et-kaori.com/


■■■ 出演情報 ■■■

ショートムービー-------------

スクリーンの中の銀座
〜伝説の並木座が映す。ギンザを遊ぶ。〜
『WOMAN』

ハウスオブシセイドウ 1階ミニシアターにて上映
上映期間:2007年9月21日(金)〜11月25日(日)
【監督/永田琴、共演 /仲里依紗・あがさ  他】

開館日・上映時間などは、下記サイトをご参照ください
>>> ハウスオブシセイドウ

 


コンテンツ
Catch up!キックバックな人
Health Style
天国民 in HOLLYWOOD / 3周年お祝いコメント

マレさんの恋愛カウンセリング・心の交差店

Comic【キックバックはおもしろカフェなのだ】

…… Home ……